2018年11月08日

宮本輝『流転の海 全九巻』完結を祝う会

1宮本輝さんと.jpg

私は、小説の装画をよく描きます。宮本輝さんの「流転の海」は、新潮社のシリーズを、第一巻から九巻まで、単行本も、文庫も、愛蔵版のボックスまで、全ての装画を担当しました。

そして、ついに第九巻(完結編)「野の春」が出版され、11月5日、宮本輝さんからのお招きで、出版記念パ―テー(宮本輝『流転の海 全九巻』完結を祝う会)に出席しました。年に一度、着るか着ないかのスーツ姿です。読書の時にしかかけないメガネもかけています(宮本輝さんふうに)。

会場の、帝国ホテル桜の間に、少し早めに到着した私は、控室に通されて、独り先生を待ち、そして感動の御対面です。
先生にご挨拶して、少しお話しをして、奥様にもご挨拶しました。黒井千次さんがお見えになり、新潮社の佐藤隆信社長がお見えになり、ご家族の方々もお揃いになり、皆様にご挨拶して、そして会場へ。

3DSC_2946.JPG
最初に黒井千次さんが御挨拶されました。その後も、たくさんの方々のスピーチがありました。

4.JPG
パーティー会場には、これまでに出版された流転の海シリーズの本が飾られています(福武書店から出版された初版本は、私の装画ではありません)。ディスプレイの前で、宮本輝さんが「装画を描いてくれた人です」と、ファンの人々に私を紹介すると、「野の春」を持って来た人からサインを求められました。照れくさいけれど嬉しいです、ありがとうございます。

パーティー会場には著名な小説家の姿が何人も見えます。美術界では少々顔を知らている私ですが、文学界では知り合いも少ないので、紹介してもらうのは、新潮社(編集者と社長)だけが頼りです。しかし、他人に頼らず、自分なりにさりげなく話しかけたりもしました。

6DSC_2961.JPG
北方謙三さんが隣で煙草に火を点けたので、すかさず灰皿を差出し、お話しをしました。
ツーショット自撮りさせてもらった後ろには、高樹のぶ子さん、山田詠美さんも写っています。

7DSC_2963.JPG
大沢在昌さんがいらっしゃったので、佐藤社長にお願いして、紹介してもらいしました。

7DSC_2971.JPG
島田雅彦さん。やっぱり独特な雰囲気でしたが、優しい感じです。

8DSC_2973.JPG
山田詠美さん。とってもお茶目な感じです。

9高樹のぶ子.jpg
高樹のぶ子さんは、「時を青く染めて」の装画を描かせてもらっています。
ツーショット写真を撮り逃してしまったのは痛恨のミス(^_^;)

10DSC_2977.JPG
宮本輝さんの御挨拶で閉会となります。
シリーズ完結おめでとうございます。執筆のほうは完結しましたが、実は、最終巻「野の春」は、未だこれから文庫化されるので、私の装画は完結していないのです(^_^;)

装画の完結を、どんな絵で締め括ろうか、構想を練っているところです。
posted by eno at 00:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

ゴロウ・デラックス予告

11月1日(木)深夜、TBSテレビ「ゴロウ・デラックス」
宮本輝さんが御出演。遂に完結!流転の海シリーズのご紹介です。

私は出演しませんが、「流転の海」第一部〜第九部「野の春」まで、装幀が紹介されます。
posted by eno at 09:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

アサリ

昨日(5月7日)は、僕の誕生日だったので、アサリを食べました。

妻と二人で、午前中に家を出て、音楽を聴きながら、ドライブして、高島屋までアサリを買いに出かけました。
到着して、先ずは、お寿司屋さん(庶民的だけど美味しい店)でお昼を頂き、それから食品フロアに行きました。
お買い得だったので、空豆も買いました。お肉はどうしようかと考えて、薄切りハムを二枚買いました(それで充分)。
お買い得のアサリは、粒の大きさが揃っていません。ここは妥協せず、粒の大きさが揃っているアサリを買いました。
何故なら、アサリを買うのが目的で、わざわざここまで来たからです。

DSC_2238.jpg
誕生日なのですが、生クリームとか、こってりしたケーキは食べられないので、バームクーヘンを少し切ってもらいました。

お買い物は、dポイントが溜まっていたので、全部ポイントで買えちゃいました d(*´▽`*)

で、またドライブして、家に帰り着くと、雨が降り始めました。
雨は次第に激しくなって、豪雨になりました。早めに帰ってきて良かったです。

アサリは白ワイン蒸しにして頂きました。とても美味しかったです。


posted by eno at 11:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

あれから七年・・・

我が家は物持ちが良いというか、何物も大切に長く使います。その中の一つ、冷蔵庫も、使い方が良いせいか(笑)、故障もせずに、気が付けば既に20年も使っていました。なので、さすがにもう限界は近いだろうと判断して、故障してしまう前に買い替えることにしました。

車も、家電も、買い替える予定が無い期間は、最新機種がどうなっているのか興味が向かず、知らないうちにどんどんテクノロジーが進歩しています。いつのまにやら、冷蔵庫にまでAI(人工知能)が組み込まれていました。その家の冷蔵庫の使い方を、冷蔵庫自身が自分で学習して、最も節電できるように自動運転してくれるのだそうです。デザインも変わりました。扉全体が、タブレットみたいなガラスのタッチパネル素材になっています。指で触れるとアイコンが浮き出て、扉の外側から操作するようになっています。もちろん、基本は殆ど何も変わっていませんが、このようにして、AIや、IOTのテクノロジーが、、私達の日常生活に、知らず知らずどんどん入り込んで、馴染んでいくのしょう。

a1.JPG

そして、先日、新しい冷蔵庫が届きました。
電気屋さんが来る前に、古い冷蔵庫の中身を空っぽにして、交換の準備をして待機していなければなりません。その作業は、小一時間もあれば充分だろうと、たかを括っていました。ところがです、中身を空っぽにするまでは順調だったのですが、冷蔵庫を設置場所から移動して、電源プラグを壁から抜き取ろうと思ったら、その部分が、隣の収納棚の裏に隠れていて、プラグが抜けないのです。収納棚を移動しよう思っても、押しても引いても、びくとも動きません。

そうこうしていると、電気屋さんは、お届け予定時間帯の最早の時間に到着してしまいました。事態は膠着状態のまま、準備完了していません・・・

実は、七年前のあの日、このキッチン収納棚も、隣の冷蔵庫共々、自分で床を滑って大きく移動しました。そうです、2011年の3月11日です。もう思い出したくもない、あの日のキッチンの惨状が、記憶の中で鮮明に蘇りました。震災でめちゃくちゃに散らかった家の後片付けが済んで、キッチンが元通りに復旧した後、私がこの手で、家具固定金具で、この収納棚を、壁にがっちり固定したのでした。

a2.JPG

今から脚立を出して、棚の上の金具を外している余裕はありません。電気屋さんの手も借りて、中身の詰まった重い収納棚を無理矢理にずらすと、固定金具は少し変形して、壁と収納棚に僅かな空間が出来ました。ぎりぎりプラグを抜いて、冷蔵を交換する事ができました。

その後、収納棚の中身を全部出して、固定金具を外して、移動して、大掃除して、元の位置に戻して、また金具で固定して、中身を詰め直して・・・ 小一時間で終わるような交換作業ではありませんでした。丸々一日かかりました。

冷蔵庫と、収納棚の裏の空間は、七年間封印されていました。そこには、七年間の積もり積もった「埃」がありました。私は、玉手箱を開けたように感じました。その「埃」は、立ち昇る玉手箱の煙です。風化した七年間の記憶が蘇りました。そして、それらは掃除機に吸い取られ、雑巾に拭き取られ、再び封印されました。
  
 
posted by eno at 08:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

雪が降りました。

昨夜は雪が降りました。
夜、外に出てみると、門灯が、すっかり雪に埋もれて光っていました。
雪0.jpg

寒いにゃ〜(=^・^=) ひじきは毛布に埋もれています。
雪2.jpg

夜が明けると、庭は真っ白な雪に覆われていました。
雪1.jpg

いつもの雀さんが、今朝も庭に来ています。
雪3.jpg

雪に埋もれた餌皿を掘り出して、ピヨちゃんの餌をおすそ分けしました。
雪4.jpg

今朝来た雀は、二羽だけです。
雪5.jpg

ひじきもベランダに出て、雪に触ってみました。冷たいにゃ〜(=^・^=)
雪6.jpg
posted by eno at 13:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする