2020年06月11日

プロジェクトぴあの

ステイホームで読書をしました。
山本弘 著「プロジェクトぴあの」(早川文庫、上巻・下巻)。
近未来SF小説です。

先ずは、ネタバレしない程度にあらすじを書きます。

語り部役の少年「すばる」と、主人公の少女「ぴあの」が、2025年の秋葉原で出合います。
すばるは、心も体も男性で、服装とメイクだけ女装する、いわゆる「男の娘」。
ぴあのは、女の子で、アイドルグループの一員。二人を結ぶ共通点は、科学。
すばるは、大学で電子工学を専攻していて、ぴあのは、独学で量子物理学を学んでいます。
しかし、ぴあのの場合は、単なる趣味の科学オタクなんかではありませんでした。
ぴあのには野望がありました。それは、宇宙に行くこと。
それから、いろいろあって、10年後の2035年までの物語です。

DSC_0175のコピー.jpg

秋葉原、アイドル、オタク、テクノロジー、科学、政治、宗教、宇宙・・・
近未来の世界がどうなっているのか、面白い要素がいっぱいです。

SFは、科学的な嘘を書くことで成り立つ物語なのですが、山本弘さんのSFは、その嘘が、SFのお約束としての嘘ではない、本当に立証可能な仮説なんじゃないか? と思わせるくらい、科学的(論理的)に説得力があるのです。物語の中盤に「みらじぇね」というエントロピー(熱力学第二法則)を破る発明品が登場します。つまり、エネルギーは、不可逆的に分散していくわけですが、それが逆行する装置です。そういう理論構築が面白いのです。

今、現実の世の中では、新型コロナウィルスが猛威をふるっています。
この物語では、2031年、地球に、大事件が起きます。
科学技術で築き上げた、現代の社会インフラに、大転換が起きる自然災害です。
ネタバレになるから詳しくは書きませんが、そのヒントは「コロナ」です。

物語の終盤、エンジニアとして登場する人物の名前が「榎」です。
それなりに重要な良い役で登場させていただいています、ありがとうございます(^^;)

もちろん、結末はネタバレになるから、何も書けません。
しかし、物語でもヒントとして書かれている「サイハテ」の動画を貼っておきます。


 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 

posted by eno at 17:05| 読書 | 更新情報をチェックする