2019年09月21日

遊鶏図屏風

「遊鶏図屏風」六曲一隻(2019年)
遊鶏図屏風s.jpg
三年前、酉年に発表する予定で、六曲一双のつもりで描き始めた屏風ですが、半双を描いた段階で、制作が中断していました。しかし、これはこれで一隻で完結していると判断したので、一隻だけを完成させて、今回の個展で発表することにしました。残ったもう半双も、別の画題(たとえば鳳凰)で描き、それぞれに独立した一隻の屏風にしたいと思います。

遊鶏図は、画面右から三つの要素で構成されています。

部分1(風神雷神)
風神雷神.jpg
黒と白の鶏を、風神と雷神に見立てています。
樹木(モミジ)の幹が風神雷神の中央を分断するような構図は、光琳の紅白梅図屏風をちょっと意識しています。

部分2(瞑想)
瞑想.jpg
中央の長尾鶏は、目を閉じて瞑想しています。
激しく動きのある風神雷神に対して、瞑想は、静かに止まっています。静と動を対比させた構成です。

部分3(家族)
家族.jpg
左の下には、鶏とヒヨコの家族を描きました。
家族円満、子孫繁栄の象徴として、満月(中秋の名月)も構成しました。

全体としては、ゴーギャンの名作「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」をちょっと意識した、パノラマ画面の構図です。

個展会場には、他にも15点の新作を展示しています。

★ 榎俊幸個展「東風 HIGASHIKAZE」
2019年9月24日(火)~10月12日(土)
10:00-18:00(日曜休廊)
彩鳳堂画廊(京橋)
〒104-0031 東京都中央区京橋3-3-10 第1下村ビル 2F
tel (03)-6262-0985
 
posted by eno at 17:23| お知らせ | 更新情報をチェックする