2019年07月30日

天気の子

巷では賛否両論の映画「天気の子」を観ました。
IMG_20190730_212120_796.jpg

作品を批評するときに、他の作品と比較して、相対的にどうこうと批評するのはよくないことです。
しかし、この作品の場合、そうするなと言われても、どうしても前作の「君の名は。」と比較しないではいられません。
「君の名は。」は圧倒的に面白い大ヒット作でしたが、この作品は、その続編ではありません。かといって全く違う作品でもありません。つまり、自分で自分の二番煎じのような作品を作って、自分を超えられないという、やっちまった感のある作品なのです。と、途中まではそう思って、ややがっかりした気分で観ていました。
しかし、ラストは、やはり、この作品には、この作品に込められた独自のメッセージがあると感じられました。

一つ言いたいことは、平泉成が気になって気になって(持っていかれて)ストーリーに集中できない(笑)
posted by eno at 21:51| 映画 | 更新情報をチェックする