2020年02月05日

Pavillon des papillons

2月7日から、グループ展「Pavillon des papillons」を開催します。
会場は「ドラード和世陀」という有名な建築物の一階にあるギャラリーです。

DORADOGALLERY.jpg

「Pavillon des papillons」は、フランス語で蝶の展示館の意味です。
蝶は、古代ギリシャ語でプシュケー(Ψυχή / Psyche)といいます。
生命・精神の意味があり、英語のサイコ(Psycho)の語源です。
蝶は、羽化(変身)することから、死と再生の象徴、魂の象徴です。

赤sss.jpg

アート作品のモチーフとして人気の高い蝶ですが、最近は特に多く見かけるように感じます。
逆に言えば、安易にあしらわれた蝶が目立ち過ぎている、という感じでもあります。
外見的に蝶が上手く描けているとか、装飾的にデザインされているだけでは物足りません。
もっと精神的に深い意味合いが潜む、神秘的で、比喩的で、魅力的な蝶の絵が見たいのです。
そんなコンセプトで、今回の展覧会を企画しました。

bbbb.jpg

私は、昨年から、女性像と蝶の翅を組み合わせたシリーズを描き始めました。
友人の画家である笹本正明さんも、「蝶の画家」を自称するほど、蝶をテーマにした作品を多く描いています。
なので、二人で蝶を描いた作品の話をしていてたときに、蝶をテーマにした作品ばかりを集めて一緒に展示すれば面白い展示になる、と思い付き、この展覧会の企画を始めました。

『羽人の詩(はねびとのうた)』41.0×31.8sss.jpg

蝶で真っ先にイメージが浮かんだのが、とても神秘的な作風の、後藤温子さんの作品です。続いて何人かの候補の作家を思いつき、お声がけを始めました。

ga1sss.jpg

先ずは、小さな画廊で小さな展覧会がいいと考えて、会場はドラードギャラリーに決めました。
ドラードギャラリーのある建物は、面白いデザインで、蝶の翅をモチーフにしたような門扉があります。そこで、フランス語で、Pavillon(展示館)papillons(蝶類)という言葉を組み合わせ、日本語では「蝶の館」という意味の展覧会名にしました。

Pavillon des papillons 8.jpg

ギャラリーの企画展にしていただいたので、出品作家の人選は、私(榎)の独断で決めたわけではなくて、オーナーの小原さんと相談して、展覧会のコンセプト(私のイメージ)に合う画廊推薦の作家と、オーナーの小原さんも含めてお誘いしました。

当初は7人のメンバーを誘い、一室だけで、企画が始動しました。
企画を進めるうちに、隣のショップを、いつも通りのカオスっぽい常設展示にしておくのがいいのかどうか? と考えるようになりました。ギャラリーのオーナーから、隣のショップスペース(常設展示室)にも展示が拡張してもかまわないという提案がありました。なので、会場を分けて、同時開催企画を、オーナーに、ご提案いただくことにしました。

しばらくして、ドラードギャラリー推薦作家として5人の作家が提案されました。
企画展示室(ギャラリー)と常設展示室(ショップスペース)を併せて12人のメンバーに参加していただくことにしました。
どんな展覧会になるのか楽しみです。どうぞよろしくお願いします。

★「Pavillon des papillons - 蝶の館 - 」
2020年、2月7日(金曜日)から14日(金曜日)まで。
オープン時間、12:00 - 20:00、最終日のみ18:00まで。
※ 2月12日(水曜日)定休。

ドラードギャラリー
東京都新宿区早稲田鶴巻町517 ドラード和世陀103
http://doradogallery.main.jp/

上田靖之・ウチダリナ・榎俊幸・小原聖史・北見隆・後藤温子・笹本正明

赤綿・安蘭・金茂華・佐藤雅美・松江利恵

グループ展イベントFBページ。
https://www.facebook.com/events/165876291400870/
posted by eno at 16:57| お知らせ | 更新情報をチェックする