2019年07月30日

天気の子

巷では賛否両論の映画「天気の子」を観ました。
IMG_20190730_212120_796.jpg

作品を批評するときに、他の作品と比較して、相対的にどうこうと批評するのはよくないことです。
しかし、この作品の場合、そうするなと言われても、どうしても前作の「君の名は。」と比較しないではいられません。
「君の名は。」は圧倒的に面白い大ヒット作でしたが、この作品は、その続編ではありません。かといって全く違う作品でもありません。つまり、自分で自分の二番煎じのような作品を作って、自分を超えられないという、やっちまった感のある作品なのです。と、途中まではそう思って、ややがっかりした気分で観ていました。
しかし、ラストは、やはり、この作品には、この作品に込められた独自のメッセージがあると感じられました。

一つ言いたいことは、平泉成が気になって気になって(持っていかれて)ストーリーに集中できない(笑)
posted by eno at 21:51| 映画 | 更新情報をチェックする

当代日本岩彩画作品展

2019年(令和元年)7月21日(日)~8月12日(月)
石家荘美術館(中華人民共和国・河北省・石家荘市)
日中文化交流「当代日本岩彩画作品展」に参加しました。
榎俊幸・伊東正次・早川剛・富城広開、四名の展覧会です。

参議院選挙の期日前投票を済ませて、羽田空港から、北京へと向かいました。
1.JPG

宿泊するホテルに到着。
4.JPG

展示のための下準備で、額装店にて、相談中。
6.JPG

北京から車で移動して石家庄市に到着、先ずは滞在中のお世話をしてくれる画廊にご挨拶。
3.JPG

水墨画を描いて日中文化交流。
21.JPG

石家庄美術館。
25.JPG

展示作業開始。
27.JPG

28.JPG

29.JPG

30.JPG

展覧会初日、美術館のエントランス。
35.JPG

私の展示室。
37.JPG

38.JPG

河北省の大学の先生たちが集まってくださって、研究会。
43.JPG

44.JPG

石家庄美術館。
45.JPG

北京国際空港から帰国へ。
54.JPG








posted by eno at 20:58| 仕事 | 更新情報をチェックする