2019年04月12日

大熊猫

竹から作る「 竹紙 (ちくし)」は、中国で生まれました。
硬い竹を一年以上も水に浸し、醗酵させて繊維を柔らかくしてから原料に使います。
その作り方は日本にも伝わり、和紙の竹紙も作られています。
今回は、石州和紙の竹紙に、墨でパンダの絵を描いてみました。
竹紙に水墨画を描くのは予想以上に難しく、そのまま(竹紙のみ)の状態では、思ったように描けません。
発想を転換して、竹紙をパネルに接着して、紙の風合いを残しつつ、アクリル絵の具で下地を作りました。
ですから、純粋に水墨画では無く、和紙+アクリックに墨彩画です。 

パンダ2.jpg

パンダは竹を食べます。
人間は、パンダのように硬い竹を食べることができません。
しかし、まだ柔らかい筍(タケノコ)なら食べられます。
先日、旬の筍を買い、そのまま丸焼きにして食べました。
シャキシャキして、竹の風味がして、美味しかったです。
少しでもパンダに感情移入できたかな?(^^;
posted by eno at 22:00| 動物 | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

落款

DSC_4056.JPG
落款とは、絵描きの場合、作品が完成したら名前(画号)を署名することです。
署名と共に捺す印を落款印と言います。
DSC_4059.JPG
posted by eno at 12:05| 仕事 | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

令和

昨日は皆さんと同様に私も新元号発表のテレビ中継を食い入るように見ていました。
そして、発表された新元号の「令和」という文字は、正直に申し上げて、予想外でした。

学校で習った日本史では、「令」は、大化の改新で“律令制”が布かれた、というイメージです。
そして「和」は、「和を以て貴しとなす・・・」という、聖徳太子の十七条の“憲法”のイメージです。
(※ どちらも史実として肯定的な意味で捉えています)

ですから、私が受けた第一印象としては、やはり憲法改正を意識した現政権からのメッセージなのかな? と感じました。で、それを良いと思うか、悪いと思うかは、人それぞれ様々だし、自由だと思います。

これから先、そのイメージが、どのように変わっていくかは未知数です。
現在の日本は、民主主義の国ですから、その時代をどう変えていくのかは、我々国民次第です。
posted by eno at 10:21| 思った事 | 更新情報をチェックする