2018年05月30日

犬ヶ島

映画「犬ヶ島」を観ました。


公開初日(25日)に観たかったのですが、あれこれ予定が重なって、今日になってしまいました。
高まった期待値を遥かに超える面白さでした。

お話し(ストーリー)というより、表現が面白いのです。それは、言葉では説明できないので「観ろ!」としか言えません。お腹に響くような和太鼓の重低音が、印象的で効果的です。だから、絶対に劇場で観たほうがいいです。 
  
続きを読む
posted by eno at 22:20| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

パターソン

映画「パターソン」のDVDを観ました。


最近、色々な映画を観ているものの、バカバカしい娯楽作品ばかり選んで見ていたせいか、感想を書いていませんでした。久々に心に残る映画を観たので、感想を書きます。

登場人物が素敵です、犬もかわいいし。道で出会った 少女とのシーン が好きです。

この映画では、詩がテーマになっているので、言葉(セリフ)が多いのですが、それらは詩ですから、ストーリーを説明する意味を持っていません。むしろ無言に近いと考えていいでしょう。言い換えれば、無言もまた詩に近いということです。

ジム・ジャームッシュ監督といえば、1984年の『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(Stranger Than Paradise)が印象的でした。
ストーリーらしいストーリーがなく、セリフの無い、無言のシーンが多く、何が言いたいのか、よくわかりませんでした。つまり、何かを言いたいのではなく、ただそれを見せたいということなのでしょう。


やはり、パターソンも、物語性の無い坦々とした映画でした。
どうして、こういう映画を面白いと思うのか? 不思議です。
でも、僕は、こういう映画が好きです。
実は、映画にとって、ストーリーは、あまり重要ではないんじゃないかな? と思うのです。
もちろん、ストーリーが面白いから好きな映画もありますが、観た後で、心に残っているのは、あのシーンが良かったとか、あのセリフが良かったとか、全体としてよりも、断片的なシーンだったりします。ですから、そのようなシーンの集積のような映画は、心に残る良い映画になるはずです。ストーリーは、それらを繋げて、見る者を引き込む流れです。それが、急流であったり、あるいは淀みであったり、緩急があったり、作品によって、差があるのではないでしょうか? ただそこに浮かんで、漂うように、同じ景色を眺めているだけで、何処にも流されない映画もあるのです。
 
続きを読む
posted by eno at 00:20| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

アサリ

昨日(5月7日)は、僕の誕生日だったので、アサリを食べました。

妻と二人で、午前中に家を出て、音楽を聴きながら、ドライブして、高島屋までアサリを買いに出かけました。
到着して、先ずは、お寿司屋さん(庶民的だけど美味しい店)でお昼を頂き、それから食品フロアに行きました。
お買い得だったので、空豆も買いました。お肉はどうしようかと考えて、薄切りハムを二枚買いました(それで充分)。
お買い得のアサリは、粒の大きさが揃っていません。ここは妥協せず、粒の大きさが揃っているアサリを買いました。
何故なら、アサリを買うのが目的で、わざわざここまで来たからです。

DSC_2238.jpg
誕生日なのですが、生クリームとか、こってりしたケーキは食べられないので、バームクーヘンを少し切ってもらいました。

お買い物は、dポイントが溜まっていたので、全部ポイントで買えちゃいました d(*´▽`*)

で、またドライブして、家に帰り着くと、雨が降り始めました。
雨は次第に激しくなって、豪雨になりました。早めに帰ってきて良かったです。

アサリは白ワイン蒸しにして頂きました。とても美味しかったです。


posted by eno at 11:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする