2017年06月24日

世界が終わる前に+君の知らない方程式

君の知らない方程式.jpg

山本弘さんの小説「BISビブリオバトル部・第三部・世界が終わる前に」を読みました。
つづけて、ウェブに特別掲載された最終巻「第四部・君の知らない方程式」を読みました、読了です。

★「 東京創元社のウェブページ(2017.02.28)

山本弘さんは、筋金入りのオタクですね、深い読書愛を感じます。そして、書きたいから書く、損得勘定なんて無いのです。BISビブリオバトル部シリーズは、自分が読んで影響を受けた本を、これでもかと紹介しています(他人の本を宣伝している事にもなります)。そして、読書を通して哲学することを説いています。若い人たちに、もっと本を読んで欲しい、そんなメッセージが込められているから、ライトノベルのスタイルで書かれています。普通なら、第一巻を試し読みで無料公開して、その後は有料にするはずですが、これは逆です。最終巻を無料公開しました(最後まで読んでくれたファンに最終回をプレゼントです)。

私は、そもそも最初から、考え方が山本さんとよく似ていて(原体験が似ているのかな?)共感点が多いのです。そして、山本さんの小説から多くの影響を受けました。「アイの物語」の主人公「IBIS」に惹かれ、アンドロイドをイメージした絵も描きました。どの作品を読んでも、知識が豊富です。更に、既存の価値観に固執せず、どんどん新しい流れに乗っていきます。

これまで「アイの物語」が一番好きだと思っていましたが、この「BISビブリオバトル部」を、もっと好きになりました。冒頭から主人公の空に惹かれ、話の展開にぐんぐん引き込まれて、あれこれ考えさせられ、そしてクライマックスに向って、感情が昂ぶりました。登場人物たちと一緒に、思春期に返って悩みました。

そして最後、最後の最後まで驚かされます。

過去記事リンク
★ 2017年05月30日「 2・幽霊なんて怖くない 」 ★ 2016年11月01日「 1・翼を持つ少女

あと、ついでと言ってはなんですが、先月観たSF映画の記事をアップし忘れていたので、フェイスブックの投稿をリンク貼っておきます。
★ 2017年5月19日「 映画「メッセージ」を観ました。
posted by eno at 11:19| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

有るものを無いとは言えない

無いものを「無いと証明しろ!」と迫ることを「悪魔の証明」といいます。

たとえば「異星人はいるのか?」という問いに対しては「わからない」としか答られません。科学者が、科学的に、異星人がいる確率を説明しても、実際にその存在を確認できていません。「いる」という仮説は、あくまでも可能性であって、空想です。
その逆に、実際には皆が「ある」と実感していることを、科学的(理論的)に「ない」と否定する例もあります。

それが「血液型占い」です。

血液型による特徴は、どんなに理屈で否定しても、多くの人々が「有る」と実感します。
しかし、その理由が解明されていないのです。ですから、ブームになった40年前くらいには、統計学で無理にこじつける解説が、科学的ではないとされ、否定されました。つまり、その根拠を理屈では説明できないけれど、何かしら関係がありそうだと推察できる、程度に留めておかなければならなかったのです。
そもそも人間の性格が、血液型だけで4種類に分類できるはずがありません。しかし、その性格を形成する様々な要因の一つとして、血液型が影響していると考えても不思議はありません。個人で見ると、個人差のほうが大きいので、性格の類型が見えにくいのですが、同じ血液型を集めた集団を作ると、その集団の性格が見えてきます。実際に見えるのであれば、見えるものを見えないふりをせず、素直に受け止めるべきです。

人間を、個人ではなく集団で見る考え方で、20年くらい前に再注目された仮説があります。
血液型とは、細胞の「抗体」の型です。抗体は、伝染病に対する免疫力に関係しますから、それが体質として行動に変化を与え、気質を生み出し、気質が性格形成にも影響する、と考えていいと思います。進化の過程で、伝染病と抗体の関係が、人間の社会行動(コミュニケーション)を、どのように変化させてきたのか? という研究です。

繰り返しますが、科学では説明できないことを、科学っぽく説明しようとするのは詐欺です。最も悪質な例としては、霊(魂)の存在を科学的に証明したとかの霊感詐欺の類です。
分からない事はわからないけれど、感じることは感じる、それは事実として認めて、それ以上でも、それ以下でもなく、自分だけの心の問題として、大切にすればいいのです。
 
続きを読む
posted by eno at 18:17| 思った事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする