2016年12月09日

プロとアマ

近代オリンピックは、クーベルタン男爵の提唱により、アマチュアリズムを基本精神とします。
なので、少々差別的ですが、アマチュアだけが参加できて、プロは排除されます。

貴族階級は、労働をしません。何をやるにしても、遊びなので、愛好家です。
愛好家という意味のラテン語から「アマチュア」と名付けられました。
そして、そのアマチュアに遣える使用人が、労働者階級であり、プロになります。

ようするに、アマチュアとは、一切の職業を持たず、遊んで暮らす特権階級の人々が、何かをする場合に言う言葉です。スポーツに限らず、アートでも、職業ではなく、生き方として、純粋に芸術を遊ぶのが、本当の芸術家です。なので、芸術以外の副業を持たない人こそ、本物のアマチュアなのです。だとすると、それ以外の副業で生活を支えている人は、何らかの職業を持つ労働者ですから、プロになります。それが、そもそものプロとアマの区別です。現在では、そのような本来の意味ではなく、逆のニュアンスで使われてしまうのかも知れません。
 
posted by eno at 01:25| 思った事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

現在開催中の展覧会

★ えのきえみ+榎俊幸「にゃんこ展」開催中。
後半は、12月8日(木)〜11日(日)まで(11時〜18時)。
ギャラリー猫町(谷中) http://gallery.necomachi.com/
IMG_5193.JPG
 
乾漆猫箱は、三万円くらいから、、猫素描もあるよ(=^・^=)
a2.jpg
 
★「あなたのためのカレンダー展」開催中。
12月10日(土) まで(11時30分〜19時30分)。
うしお画廊(銀座七丁目) http://www.ushiogaro.com/exhibition/
カレンダ.jpg
 
「金の卵を生む鶏」(石州和紙に水墨・金箔)を出品しています。
カレンダ2.jpg
posted by eno at 08:21| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

2016 観〇光 ART EXPO 鎌倉展

現在開催中の「 観○光 」鎌倉展(12月4日まで)に出品しています。
 
浄智寺の本堂「曇華殿」に「 日月四季鳥獣図屏風 」四曲一双を展示。
本堂.jpg
 
浄智寺の書院(庫裏)に「 」80Fを展示。
書院s2.jpg
★「鷁考」 http://enologue.seesaa.net/category/25168002-2.html
 
浄智寺の茶室「龍淵荘」に枕屏風「 楽猿図 」を展示。
枕屏風.jpg
 
posted by eno at 21:33| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

心の窓

「円相(えんそう)」は、2016年「観〇光」鎌倉展の展示テーマです。
現在、北鎌倉の龍隠庵(円覚寺内)、浄智寺、建長寺を会場に開催中です。
仏殿1.jpg
 
浄智寺の本堂「曇華殿」に「日月四季鳥獣図屏風」四曲一双を展示。(浄智寺)
左隻s.jpg
 
書院(庫裏)に「鷁」80Fを展示。(浄智寺)
げき.jpg
 
茶室「龍淵荘」に枕屏風「楽猿図」を展示。
画像は、建長寺の豊穣にて、音絵巻コンサート会場。(建長寺)
演奏.jpg
 
紅葉のこの時期、浄智寺の近く「長寿寺」が一般公開されていました。(長寿寺)
長寿寺.jpg
 
円相。心を空(くう)にする。(長寿寺)
円相.jpg
 
円窓。己と向き合う。(長寿寺)
円窓.jpg
 
心の窓。目を閉じて、内なる目を開く。(浄智寺)
光背.jpg
浄智寺・茶室に展示中の秋濱氏の作品「救世観音菩薩光背写」の前にて撮影。 
posted by eno at 22:06| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にちりん製パン

現在、北鎌倉の浄智寺で作品を展示中です。
で、浄智寺のすぐ近くにあるパン屋さんで、パンを買いました。
「安納芋のパン」\300「ねこ」\230「黒糖生姜パン」\250 ★ にちりん製パン
IMG_4931.JPG
posted by eno at 18:46| 食・酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする