2018年09月15日

Meditation

瞑想 (Meditation) するときには、何も考えてはいけない、と思っている人が、けっこう多くいます。

しかし、覚醒状態の脳は、常に何かを考えています。もし、脳が何も考えない(思わない・想わない)とすれば、それは眠るか、気絶するか、昏睡状態を意味します。そのような意識レベルの低下を、瞑想とは言いません。


瞑想とは、文字通り「瞑」という状態で、何かを「想う」精神活動です。

考えてはいけないのではなく、むしろ一生懸命に考えるのが、瞑想の本質だと言えます。


Meditation小.jpg


 『何かをすることに理由がある、しないことに理由は無い』


熊のプーさんに 「なにしてるの?」 と訊くと 「なんにもしないをしているんだよ」 と答えます。

プーさんは、自分が 「なんにもしない」 と名付けた行動を、一生懸命にしているのです。

つまり、それ以外の余計なこと(邪念)に意識を分散させず、その何か一つだけに意識を集中しているのです。

それとよく似た行動を、我が家の猫たちにも見ることが出来ます。その状態を、私は「充満した空(くう)」と呼んでいます。


じゃあ、具体的に何をしているのか? ということになりますが、たとえば禅の修行を例に考えてみましょう。

「座る」という方法で瞑想するのが「座禅」であれば、それは座ることがテーマですから、ひたすら全力で座るだけです。

それと同様に、それ以外の様々な形や動きにもテーマがあります。ですから、そのテーマを全力でやればいいのです。

仕事でも、日常の生活動作でも、邪念を排して、全力でやるべきことのみに意識を集中するのが、禅の修行です。


何かをやることで意識が満たされてしまえば、それ以外の邪念は入り込む余地が無くなります。

逆に、集中が弱ければ、邪念が湧いてきて、瞑想状態が崩れます。





ヨガのポーズの一つに「屍のポーズ」があります。テーマは死体のように横たわることです。

もちろん、本当に死ぬわけにはいきませんから、呼吸などを維持して、それら以外の感覚から力を抜くのです。手足の力を抜いて、顔の力も抜いて、弛緩状態になります。目を瞑って、視覚を閉じます。そのようにして順番に感覚を閉じていきます。すると、耳だけは、閉じることが出来ないことに気付かされます。従って、全身の力が抜けたとき、音を聞く感覚だけが残り、それが意識の全てになります。ですから、むしろ積極的に、遠くの微かな音を聞くことに集中すると、全身の力が抜けた状態になれるわけです。全身が全て耳(聴覚)になればいいのです。


自分が見たいイメージ、感じたい感覚に、全力で集中して想うのが瞑想です。もしも、自分の中の潜在意識から湧き出るイメージが、全身を満してしまうのならば、外から入る現実の意識を全て追い出すことも可能です。意識と行為が完全に一致したとき、トランス状態に入ります。


逆に「考えてはいけない」と考えしまうと、瞑想できません。


たとえば、禁煙している人が、タバコが吸いたい気持ちを、必死で打ち消そうとするとき、むしろタバコについて考えている (邪念に囚われている) 状態です。今それをしていないことについて考えるのが邪念です。邪念は、打ち消せば打ち消すほど強くなります。意識は邪念で満たされていきます。


では、どうすればいいのでしょうか?


「してはいけない」なんて思わなければいいのです。


本当にしないのならば、否定の理由を考えるなんて無意味です。だって、しないのですから。

否定するということは、本当はしたいという、反対の欲望を隠して、偽っているからなのではないでしょうか?

葛藤とはそういうものです。自己矛盾、アンビバレンツ・・・ 人は、それを必死で正当化しようとします。

そのような、不自然な精神状態を脱して、自然体に向うのが瞑想です。


たとえば「戦争」とか「原発」を例に考えてみましょう。


「戦争をしない。戦力の保持をやめる」と宣言するのは無意味です。

しないと言っても、しなければならない状況に追い込まれたら、するのです。

ですから、しなければならない状況で、出来ないとしたら、むしろ不安です。


戦争をしたくないのなら、その逆の平和状態を維持するしかありません。

出来るけれども、する必要が無い状況を整えれば、不安も解消されます。


原発をやめるべき理由を並べ立てるのも無意味です。

やるべき理由によって、簡単に打ち消されてしまいます。

繰り返し述べているように、やる必要が無くなれば、やらないのです。それが自然体です。

ですから、自ずと原発が必要なくなるように、シフトを替えればいいのです。


何かを「しない」という発想は、自己正当化するための責任転嫁に過ぎません。

根本原因が、自分自身にある事実から、逃げたいのですね。

自分に向き合って、とことん考える必要があります。


【追記】(9月21日)
posted by eno at 22:42| 思った事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

カメラを止めるな!

映画「カメラを止めるな!」を観ました。

約二か月前、フェイスブックに「カメラを止めるな!」の話題をアップしました。
↓ 以下、7月7日の私のFB投稿記事をコピペ(>『』)します。

>『ゾンビ映画とか、あんまり興味ないのですが、これは面白そうかも。
映画「カメラを止めるな!」単なるゾンビ映画では終わらないらしい。』

>『そもそも自分も未だ観ていないのだけれど、ネタバレ気味にあらすじを説明します。
ゾンビ映画を撮影する話です。監督がこだわってワンカット長回しで撮影していると、本物のゾンビが現れてしまって、さあどうする!? となって、カメラを止めるな! という話みたいです。
で、それが、超くだらなくて、笑えるらしいのですが、笑って、笑って、笑って泣いた、という具合いに、最後は感動できるそうです(と、観た人は言っています)。僕の勘では、芸術性はゼロだと思うのですが、娯楽的笑いは期待していいと思います(しかも、感動的なら面白い)。』

>『「ブリグズビー・ベア」も見たいんだよなぁ〜。』

>『見たい見たいと思いながら、暇が無くてなかなか見られないまま、今朝はテレビのワイドショーでも取り上げられてしまった。』 

その頃は未だ都内2館しか上映していませんでした。そのときに観に行ってもいいと思ったのですが、調べてみると、上映館が増える予定とか書いてあったので、もしやと思って、さらに調べると、口コミ宣伝に芸能人が絡んでいたので、もうすぐ全国拡大上映するに違いない思って待つことにしました。すると思った通り、我が家の最寄りの映画館でも上映が始まったので、さっそく妻と二人で観て来ました。 
この二カ月間、観てないくせに脳内予想上映を繰り返していた結果、ほぼ読み通りの展開でした(笑)、それでもかなり面白かったです。笑いました。妻も笑っていました。
俺様ランキングでは、日本映画コメディー部門で第三位に食い込む高評価です。第二位の「ハッピーフライト」に迫る面白さでした。ちなみに第一位は、不動のダントツで「ラジオの時間」です。

もう何処でも誰でも観られるようになったと思うので、ぜひ観て下さい。できれば、笑い声がドッと湧くような満席の劇場で観たいですね。
posted by eno at 23:56| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

呪い返し(のろいがえし)

もし、誰かに呪われたら? そのような言葉を発せられたら?
自分も同じように呪いを返さなければならないのでしょうか?
いいえ、その必要はありません。人を呪って善いことなんて何一つありません。
ただ、相手の言葉を受け取らなければいいのです。
あなたの言葉(呪い)は私に届きません、と分からせればいいだけのことです。
受け取りを拒否された言葉は、差出人に送り返されます。
本当に、ただそれだけのことなのです。それだけでいいのです。
 
posted by eno at 14:43| 思った事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

守破離

「守破離」は、武芸において、型から入り、型を破り、型から離れる、という成長の三段階を示す言葉です。この考え方は、他の物事にも当て嵌めて応用出来ます。しかし、多くの人々が、その解釈を誤解しているかも知れません。

「守」は、ひたすら型に倣い、習得することです。しかし、それだけを続けていると「型どおり」「型に嵌った」などと表現されるように、成長に行き詰まりを感じます。型とは、万人向けの規制品だからです。規制の型を卒業し、独自の型を編み出す段階に進まなければなりません。

次に「破」は、型を破ることですが、型を否定する意味ではありません。型は基本ですから、基本は変わりません。破るのは、型に依存して、自分の殻に篭もる「守りの姿勢」です。ですから、あえて決まりに反逆して「守」を破るのです。

そして「離」も、型を否定する意味ではありません。もし、型から離れることが、型をやめることならば、それは型を失うことです。「型が無ければ形無しだ〜!」などと言う人がよくいますが、全くその通りです。むしろ「もう型破りをやめろ!」という意味です。嵌ったり、破ったり、いつまでも型に囚われていないで「守・破」から離れなさい、と言っているのです。反〇〇や、アンチ〇〇というのが、最も〇〇から離れられていない“呪縛”の状態です。「離」とは、自然体のことです。

誤解は、自分に都合のいい解釈の捻じ曲げから生じるものです。
自己正当化しないで、自分を客観的に見つめ直してみればわかることです。

では、ニーチェの「ツァラトゥストラはかく語りき」を例に考えてみましょう。
「神は死んだ」という言葉がありますが、さて、これは「守・破・離」のどれに当て嵌まる」でしょう?

ニーチェの父親は、キリスト教の神父でした。ですから、ニーチェは、生まれた時から、父親に押し付けられ、キリスト教の信者でした。「神は死んだ」という言葉は、信仰の呪縛、そして父親の呪縛から、ニーチェが脱却した瞬間の心境です。リヒャルト・シュトラウスの交響詩を思い浮かべて想像してください。

ニーチェは、精神の三段階の成長を比喩して「駱駝・獅子・赤子」と表現しています。
「駱駝」とは、ニーチェが、大学で神学と古典文献学を学んだ時代のことです。それは、駱駝が重い荷物を背中に担ぐ様子に喩えられています。
「獅子」は形骸化した概念(固定観念)を打ち砕く、破壊力の象徴です。
ニーチェは、新聞を激しく批判し、否定しています。ニーチェの時代は、マスメディアは新聞しかありません。ですから、ニーチェは、マスメディアを激しく批判していたのです。つまり、反メディアは、今に始まった事ではなく、メディアの誕生と同時に、伝統芸のように存在していたわけですが、そのようなアンチ〇〇の心理が「獅子」です。

それらと同時に、ニーチェは「ルサンチマン」を批判しています。
実は、ニーチェが否定したかったのは、神でもマスメディアでもないと思います。
本当に批判したかったのは、ルサンチマンであり、大衆なのです。ですから、それらを見下し、軽蔑しました。ニーチェは、宗教に依存する信者を批判したかったのです。新聞を鵜呑みにするバカを批判したかったのです。

「赤子」は、呪縛から解放された自由な精神のことです。
ニーチェ自身、自分のコンプレックスを嫌というほど自覚していたはずです。教会を否定したところで、それらは何も変わりません。離れたって、離れたところにあるだけで、相手も、自分も、何も変わらないのです。新聞だってそうです、自分が読もうが、読むまいが、何も変わりません。ニーチェは、なかなか赤子になれません。

続きを読む
posted by eno at 14:24| 思った事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

機会費用と御縁

読書の話ですが、今更ながら中上健次を読みました。
たぶん、自分には相性が悪いだろうと、読まずにそう決め込んでいました。
で、実際に読んでみると、やはり、思った通り相性が悪いのです。

先ずは「18歳」を読んで、18歳くらいの男の子は、精液ばっかり出しているのは、まあわかります。次に「19歳の地図」を読んで、公衆電話が、今だったらインターネットなのだろう、とか思ったりしました。それで、それなりに面白い部分もあるのですが、でも、もういいと思いました。しかし、もう一つだけ読んでみようと思って「千年の愉楽」を読み始めました。ところが、ちっとも読み進まなくて、誰にも感情移入できなくて、途中で読むのをやめました。

だったら感想を書く必要も無いのですが、ただ、単に面白くないからスルー、というのとも少し違います。もしかしたら、もう少し我慢して読めば面白いのかも知れない、とも思うのです。しかし、結論としては、読まなくていいと判断しました。それが「相性が悪い」ということなのです。

本を読むには、それなりに時間を費やします。もし、この本を読まなかったら、その機会費用を別の何かに交換できます。でも、それは読んでみなくちゃわからないことなのです。ですから、それらは全て御縁なのです。
 
続きを読む
posted by eno at 00:08| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする