2023年05月28日

街とその不確かな壁

村上春樹著『街とその不確かな壁』を読みました。
発売直後に購入して、先に一気読みした友人と、FBのメッセージで感想を話し合いながら、少しずつ読み進めて、約1ヶ月かけて読了しました。
既に読み終えた友人が「主人公の『私』は西島秀俊さんしか思い浮かばない」と言うので、私も途中から、映画『ドライブマイカー』の家福(西島秀俊)を思い浮かべながら読みました(笑)
西島秀俊のセリフ棒読み感が、村上春樹の小説にマッチしていて、もしこの『街とその不確かな壁』を映画化するのなら、主人公の『私』は西島秀俊しかない、と思いました。
しかし、小説は三部構成で、『私』になるのは第二部からです。第一部では、未だ17歳の高校生『ぼく』なので、その部分は他の若い役者をキャスティングしなければなりません。
西島秀俊が17歳だったのは1988年で、まだデビュー前です。
西島秀俊の若い頃の顔を見ると、二宮和也に似ているのですが、二宮くんもそんなに若くありません。
もっと若い俳優だと、坂東龍汰が似た雰囲気だと思います。

第一部は、空想上の『壁に囲まれた街』と『この実際の世界』が、交差しながら描かれます。

村上春樹が、第一部の壁に囲まれた街の原案となる短編の着想を得たのは1980年かそれ以前のドイツ旅行中だったそうです。
その当時のドイツといえば、ベルリンの壁があった時代ですから、壁に囲まれた街はベルリンがモデルなんじゃないかと思ってしまいそうですが、小説を読んでみるとそんな雰囲気ではなくて、もっと田舎の小さな街を描写しています。
その情景描写に当て嵌まる街を探してみると、南ドイツのネルトリンゲンという中世の城壁都市が浮上してきました。
このネルトリンゲンという街は、漫画『進撃の巨人』のモデルになった街ともいわれていて、尚且つ、隕石落下で出来たクレーターの中にある街でもあり、アニメ映画『君の名は。』の糸守町のモデルなんじゃないか?とも思ってしまいます。
そして、猫の街でもあります。

村上春樹が、その短編を自身でリライトして『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』を発表したしたのが1985年です。
その、世界の終わりを再び自身でリライトしたのが、この小説の第一部で、その後(第二部・第三部)が書き加えられました。

第一部で、この実際の世界のぼくは、海に近い静かな郊外の住宅地に住んでいます。
そこから電車を二度乗り換えて1時間半ばかりかかる大きくて賑やかな都市の中心部に、1歳年下の彼女『きみ』が住んでいます。
きみの家の近くに地下鉄の駅があるので、最初は東京の都心部なのかと思いましたが、その後で、東京ではないとわかります。
ぼくは、最初は地元の大学に進むつもりでいたけれど、きみ(の思い出)から物理的距離を置くために、あえて東京に出て行きます。
きみの街には公共の植物園があり、その植物園の温室の隣にはカフェがあります。
そのカフェでコーヒーと林檎のタルトを注文します。
また『きみの家の近辺には川も流れていなかったし、もちろん海もなかった』と書かれています。
つまり、街の中心が川や海から離れている、ということです。
それらの条件で、きみが住む街を絞っていくと、札幌市、名古屋市、のどちらかになります。

札幌市には地下鉄があります。
札幌市には海がありません。
川は、豊平川がありますが、あまり目立つ存在ではありません。
北海道大学植物園があり、温室の隣にCAFE DE MADELというカフェがあります。
第二部の後半で登場する喫茶店の女店主は、私に、札幌から来たと話します。
1歳年下の彼女と、喫茶店の女店主を重ね合わせる目的で、札幌が仄めかされている、と考えられなくもありません。
しかし、それを聞いた私は、もし同郷ならば札幌(あるいは北海道に対して)に反応するはずなのに、スルーしました。
なので同郷である可能性は低いです。

名古屋市には地下鉄があります。
名古屋市には名古屋港があり、庄内川もありますが、いずれも市の中心ではなく、市の外周部にあります。
名古屋市内には、名古屋大学の隣に東山動植物園があり、その温室の隣にはガーデンテラス東山というレストランもあります。
あるいは名城公園フラワープラザもあり、温室の隣にDEAN & DELUCAというパン工房併設型ベーカリーカフェがあります。
あるいは名古屋市緑化センターもあり、温室の隣にヌンクヌスクという古民家カフェがあります。
村上春樹は『色彩を持たない多崎つくると、その巡礼の年』で名古屋を舞台に描いているので、名古屋をよく知っているはずです。
きみが住む街は、名古屋市である可能性が高いです。

きみが住む都市を名古屋市だと仮定すると、ぼくが住む郊外は、そこから電車を二度乗り換えて1時間半かかる海辺の静かな住宅地です。
愛知県内なら豊橋市、三重県側なら津市になります。
きみが中心部で、ぼくが郊外、という表現をしているので、おそらく豊橋市でしょう。

ぼくは、高校を卒業して、東京の私立大学に進学します。おそらく早稲田大学の文学部で、早稲田から近い新宿区の神楽坂(新潮社の近辺)に住み始めたと予想されます。
その後就職して、アパートを移り、この実際の世界のぼくはもう45歳の中年男になります。



第二部では、中年男である主人公は『私』に変わります。

私は東京都中野区の賃貸アパートで独り暮らしをしています。
ある夢を見たことがきっかけで会社を辞め、福島県のZ**町という地方都市の図書館の図書館長になり、その町に移り住みます。

Z**町のモデルになった街はどこか?
第二部29章の中頃(204ページ)に、福島県Z**町について書かれています。
『会津若松駅からローカル線に乗り換えて、一時間ほどでそこに着く、人口は一万五千人ほど』
実在する町では、福島県南会津町がこの条件に当て嵌まります。
そして、南会津町にある CAFE JI MAMA という喫茶店が、Z**町の名前の無い喫茶店のモデルになっている喫茶店です。
実在する南会津町図書館は、コンクリート製のビルですが、Z**町図書館は、元は古い酒蔵の木造建築を改装したことになっています。
南会津町には古い酒蔵もいくつかあり、近くに川が流れ、林檎園もあります。
南会津町の北に会津磐梯山があり、その向こう側に五色沼があります。
想像上の街である壁に囲まれた街に、南の溜まりという沼が出てきます。この世のものではない、あの世の景色として描写されているのですが、五色沼を想起させます。
その手前に猫魔ヶ岳があり、猫石があります。
猫魔ヶ岳の麓に猫魔温泉があり、星野リゾートがあります。
村上春樹が執筆のために会津近辺に滞在していたとすれば、猫魔温泉に泊まって、猫魔ヶ岳に登って、猫石を見たかもしれません。
これらが聖地化されたなら、ハルキストたちの巡礼の年になるでしょう。

第三部は、また壁に囲まれた街に戻ります。

以上は客観的分析です。
以下は主観的感想です。
続きを読む
posted by eno at 19:03| 読書 | 更新情報をチェックする

2023年05月27日

第27回彩樹会

第27回彩樹会開催中

2023年5月22日(月)~6月3日(土)

11:00-18:00

石黒賢一郎

稲葉孝二

榎俊幸

大沢拓也

岡村桂三郎

小尾修

加藤良造

川口起美雄

塩谷亮

滝下和之

〒104-0031 東京都中央区京橋3-3-10 第1下村ビル 2F

tel +81-(0)3-6262-0985

fax +81-(0)3-6214-0418

e-mail saihodo@mba.nifty.ne.jp

IMG_0747.JPG

IMG_0746.JPG
posted by eno at 11:20| 仕事 | 更新情報をチェックする

2023年04月16日

Gen de Art Le Magazine

『Gen de Art』2023年春号は、4月20日に発売されます。

アートとワインと酒蔵を英語と日本語で紹介しているマガジン GEN DE ART に、インタビュー記事と、作品画像、制作風景などが掲載されています。

Gen De Art | Japan - Art Magazine

bIMG_9937.jpg

cIMG_9939.jpg

aIMG_9935.jpg
posted by eno at 17:43| お知らせ | 更新情報をチェックする

2023年04月12日

シン•仮面ライダー

映画『シン•仮面ライダー』を観ました。
公開3日後に観たのですが、世間の反応が賛否両論で荒れていたので、レビューをアップするのは、落ち着くまで待っていました。
私の主観的な感想としては、楽しかったです。
しかし、客観的には、ツッコミどころ満載です。

冒頭、カーチェイスから戦闘に流れ込んでいくシーンは、劇場の大スクリーンで観るべき迫力満点の映像で、ツカミはOKです。


この後に続くクモオーグとの戦闘もカッコよかったです。
✳︎ 4月16日までTVerで観られます。

クモオーグまでは良かったのですが、その後から、アレ?って感じになっていきます。
稚拙だったり、的外れだったり、期待外れでガッカリするシーンを連発します。


しかし、それでも、この映画を映像的に支えて、作品を押し上げているのが、主演女優です。
浜辺美波が演じる緑川ルリ子が、実に美しく魅力的に描かれています。


要するに、この映画は緑川ルリ子(浜辺美波)にキュンキュンするための映画なのです。
だから、それで満足を得られた人々にとっては素晴らしい名画なのです。
私の結論は、それに尽きます。

そんなわけで、私が選ぶ、女優が魅力的な名画ベスト10。
日本映画ベスト5と、外国映画ベスト5で発表します。

日本映画
第5位
シン•仮面ライダー 2023 浜辺美波



第4位
モテキ 2011 長澤まさみ



第3位
明け方の若もたち 2021 黒島結菜



第2位
がんばっていきまっしょい
1998 田中麗奈



第1位
寝ても覚めても 2018 唐田えりか




外国映画
第5位
トップガン 1986 ケリー・マクギリス



第4位
ターミネーター
1984 リンダ・ハミルトン



第3位
キック・アス
2010 クロエ・グレース・モレッツ



第2位
レオン 1994 ナタリー・ポートマン



第1位
ブレードランナー
1982 ショーン・ヤング



でした。
結果的に、女優縛りじゃなくても、私の好きな映画ランキングとほぼ同じになりました(笑)
だったら、映画って女優を見せるためのものなのでしょうか?
いえ、もちろんそれは一面的な見方であって、映画にはもっと多面的な魅力が有ります。
だけれども、その映画作品に恋しちゃう感じってありますよね。

✳︎ ネタバレ→ 続きを読む
posted by eno at 15:02| 映画 | 更新情報をチェックする

2023年02月04日

『火花』『劇場』又吉直樹

又吉直樹の小説『火花』と『劇場』を読みました。

IMG_8698.JPG

『火花』は2015年に芥川賞を受賞して話題になりました。
興味はあったのですが、その時は読む気にならず、スルーしてしまいました。
2017年にテレビ(NHK総合)で放送された連続ドラマ『火花』45分×10回を観ました。
そのドラマを観始めて、すっごく面白いと思いました。
ドラマが終わったらすぐに原作小説も読んでみようと思いました。
しかし、最終回(第10話)を観ていて、なんじゃこりゃ?!と、ドン引きするシーンがありました。
それで、がっかりしてしまいました。
その時は、原作が悪いのか、映像化に失敗したのか、ドラマは原作に忠実なのか、改変しているのか、削っているのか、膨らましているのか、等々突っ込んで考える気持ちにはならず、もうすっかり冷めてしまいました。
そんなわけですから、そのころ出版されたの次の小説『劇場』にもあまり興味が湧かず、やはりスルーしていました。
2020年に『劇場』が映画化され、評判は上々でしたが、コロナの流行で緊急事態宣言になり、DVDが出たらレンタルして観ようくらいの気持ちでスルーしていました。
2021年にDVDが出ましたが、やはりそれもレンタルするのを延ばし延ばしにしているうちに観そびれていました。

2022年になってAmazonPrimeVideoで配信している映画『劇場』を観ました。
心に響くものがありました。
そして、なによりも、ラストシーンがよく出来ていて『火花』の映像化でがっかりしたのとは対照的でした。
そう思ったら『火花』も『劇場』も原作小説を読んで、ドラマや映画と比較して、何が良かったのか、悪かったのか、検証してみなければならないような気がしてきました。

先ずは『火花』から読み始めました。
連続ドラマは、原作を忠実に再現していて、更にドラマのオリジナルシーンを付加して、倍くらいの内容量に膨らませていたことがわりました。
原作も面白いのですが、ドラマの出来は原作を凌駕するほどの傑作でした。
それなのに、何故ラストでコケたのか? 原作が悪いのか?ドラマが悪いのか?
後から劇場版映画『火花』も作られていたので、それもAmazonPrimeVideoで観てみました。
2時間の映画は、原作の内容を半分くらいに削って作られているようです。
なぜ《…ようです》なのかというと、面白くなかったので、途中をほとんど飛ばして観ました(笑)
その映画も、やはりラストのシーンでドン引きしました(笑)

ドン引きのシーンというのは、徳永と再会した神谷さんの胸にシリコンが入っていて、巨乳になっているという驚きの展開からの、巨乳の写実的映像化です。
そういう非常識な思い付きを実行してしまう神谷さんに対して、徳永がコンプライアンス委員会のようなお説教を長々とたれるのですが、又吉の狙いが、このお説教を書きたかったのだとすれば、言い訳のような説明過多は蛇足であり、原作の時点で失敗です。
そして、神谷さんにダメ出しのお説教をしている事を言い訳にしたとしても、そのままバカ正直に実写化すること自体が、もう既にコンプライアンス的にアウトだと思います。
連続ドラマは、第9話までが素晴らしかっただけに残念です。

実写化を考えずに書かれた原作ならば、実写化する際に、そこらへんを変えられなかったのか?と考えると、映画『劇場』のラストシーンは、演出によって上手く改変したシーンなのではないか?という予感がしてきました。
映画『劇場』は、ラストシーンで、アパートの部屋のセットが、舞台演出っぽい動きで、バタバタと展開して、突然舞台劇に変わるのです。

早速、並行して『劇場』も読み始めました。

小説『火花』を読み終えてみると、そもそも全体を通してコントのネタ(セリフ)ぽいのです。
終盤で、スパークスの解散ライブをやるのですが、そのライブの舞台が、彼らの現実を比喩的に表現して行きます。その辺で、小説の中の現実と、小説の中の舞台上の表現と、重なり合わさっている感が出てきます。
だったら、そこから後は、逆に現実が舞台上のネタの比喩として書かれたって何だっていいわけです。
私が実写化するのならば、最後は、徳永が書いた神谷さんの伝記を読んでいる体で、失踪後の神谷さんとの再会は、徳永の作り話なのか、本当の事なのか、よくわからなくして、吉本新喜劇みたいな舞台上のお芝居で見せたらいいと思うのです。
そこは一つのコントとして劇中劇で成立させて、ネタを演じて笑かして終わったらいいと思います。
ラストのほうは、原作からしてすべってるわけだし、実写化するならブラッシュアップするべきだと思いました。

あれこれと批判的な意見を述べておりますが、とはいえ、やはり小説として書かれた文章を読んでみて、とても面白かったです。
文字が並んでいて、それを言葉に変換して頭の中で聴くのは心地いいものです。
又吉直樹の書く文章は、そう思わせてくれる良い文章でした。

小説『劇場』も読み終わりました。
序盤で、ウィスキーの山崎が出て来るシーンは、映画化したら主演は山崎賢人をって、既に意識してたんちゃうか?と思わせますね(笑)
やはり、映画と原作の内容量比率は1対2くらいでしたが、映画では上手く削っていたので、ストーリー全体の流れはほとんど変わっていない印象でした。
この『劇場』も、公園や居酒屋やアパートの部屋での会話劇と、主人公の心の声(モノローグ)で構成される、舞台劇みたいな小説です。
映画では、小説終盤の、スマホでのメッセージの遣り取りであったり、演劇の舞台の様子であったり、そういう映画化には向かないシーンをバッサリとカットしていて、上手く処理してると思いました。
それらは、もっとはっきり言ってしまえば、映画には向かないというよりも『火花』と同様に蛇足っぽく感じるシーンです。
永田が青山とスマホを通して喧嘩をするのですが、長文のメールでグダグダとお説教臭い説明が書かれるわけです。
またコンプライアンス委員会かよ?!って思いました(笑)
永田の中でもコンプライアンス的な葛藤があって、それでも永田がダメなほうに流されるのは、野原のそそのかしと沙希の甘やかしが原因なのです。
野原は、漫才コンビに喩えたら、永田にとって相方のような存在です。
なのに、その野原のそそのかしがちっとも描かれていなくて、野原の存在や役割が物足りません。
その後、池袋の劇場で小峰の舞台演出を観るシーンになり、劇中劇を説明して、またここで舞台が現実の比喩なのか?、現実が舞台と重なり逆転しろと示唆しているのか?、みたいな曖昧さが誤魔化しっぽく感じられてきます。
映画は、蛇足とも取れるそれらをバッサリ切って、永田と沙希がアパートで再会するシーンから、スパッと舞台劇化してしまうのです。
最後は、沙希が舞台を観ている視点になっていて、だからそれは、本当の事なのか、永田の作り話なのかわからないのです。

映画の『劇場』を何回も繰り返し観ていて、また原作を読んだりしているのですが、映画では、原作に無い要素は付け加えていなくて、絵で膨らませているのがよくわかります。
もちろん原作小説は面白くて、文章で読むと、言葉の意味が際立って頭に入ってきます。
私は映像から先に観ましたが、小説から先に読んだほうがよかったのか?どうなのでしょうか?
よく聞くのは、原作のファンが映画を観ると、キャスティングが想像していたのと違って違和感があったという感想です。
『火花』にしても『劇場』にしても、著者の又吉は、自分の分身を語り部として主人公にしているのだろうと思います。
ですから『火花』の徳永、『劇場』の永田は、原作小説から先に読んでいれば、テレビでもよく見ているお笑い芸人の又吉本人の人物像を想像して読んでいたでしょう。

ドラマ『火花』で徳永を演じたのは林遣都です。
私はドラマから先に観たので、小説を読んでいても林遣都を想像していました。
実に見事なキャスティングだと思います。
『劇場』で永田を演じたのは山崎賢人です。
これもぴったり嵌っていて見事でした。
しかし、山崎賢人といえば、他の映画では、たとえば『キングダム』のような、全然違うキャラを演じているので、そのギャップのほうに、むしろ驚きを感じます。
そして、映画『劇場』でヒロインの沙希を演じたのが松岡茉優です。
私は先に映画から観たので、このキャステイングもぴったり嵌っていて良いと感じています。
しかし、もし先に小説から読んでいたとしたら、松岡茉優は想像しなかっただろうと思います。
松岡茉優も、他の映画やドラマでは、もっとシッカリした、むしろ狡猾なくらいのキャラを演じていることが多いからです。
沙希ちゃんは、独特のキャラでありながら、そういう人ようおるねん、というキャラです。
おそらく、女優さんで誰かを想像するのではなく、実際に自分が知っている女性の誰かさんみたいだ~と想像するのではないでしょうか?
そんなふうに想像してしまうと、今度は、それに対しての永田が自分自身のように思えてくるのです。
永田は、自分自身の中にあるダメなところ、そうなってはいけないところをどんどん見せつけてきます。
永田の心の声だけを聞いていたら共感できるのですが、それを行動に移してしまう永田は、典型的なダメンズです。
しかし、心の声では葛藤している永田が、どうして悪いほうへ流れてしまうのでしょうか?
その原因が、沙希にあるんじゃないのか?と思わせるのです。
あるいは具体的には書かれていないけれど、野原がそそのかしているのかも知れません?
そんなふうに永田を擁護したくもなってしまいますが、コンプライアンス的にはどうなのでしょうか?

今回、『火花』の徳永は、コンプライアンス的に問題ありません。
神谷さんは、コンプライアンス的に全部アウトです(笑)
『劇場』では、バイクを壊してしまったのと、スピーかーを壁に投げつけてしまったのが、器物損壊罪なので、永田はコンプライアンス的にアウトです(笑)
その他の方々は、コンプライアンス的に問題はありません。
posted by eno at 11:42| 読書 | 更新情報をチェックする