2020年06月11日

プロジェクトぴあの

ステイホームで読書をしました。
山本弘 著「プロジェクトぴあの」(早川文庫、上巻・下巻)。
近未来SF小説です。

先ずは、ネタバレしない程度にあらすじを書きます。

語り部役の少年「すばる」と、主人公の少女「ぴあの」が、2025年の秋葉原で出合います。
すばるは、心も体も男性で、服装とメイクだけ女装する、いわゆる「男の娘」。
ぴあのは、女の子で、アイドルグループの一員。二人を結ぶ共通点は、科学。
すばるは、大学で電子工学を専攻していて、ぴあのは、独学で量子物理学を学んでいます。
しかし、ぴあのの場合は、単なる趣味の科学オタクなんかではありませんでした。
ぴあのには野望がありました。それは、宇宙に行くこと。
それから、いろいろあって、10年後の2035年までの物語です。

DSC_0175のコピー.jpg

秋葉原、アイドル、オタク、テクノロジー、科学、政治、宗教、宇宙・・・
近未来の世界がどうなっているのか、面白い要素がいっぱいです。

SFは、科学的な嘘を書くことで成り立つ物語なのですが、山本弘さんのSFは、その嘘が、SFのお約束としての嘘ではない、本当に立証可能な仮説なんじゃないか? と思わせるくらい、科学的(論理的)に説得力があるのです。物語の中盤に「みらじぇね」というエントロピー(熱力学第二法則)を破る発明品が登場します。つまり、エネルギーは、不可逆的に分散していくわけですが、それが逆行する装置です。そういう理論構築が面白いのです。

今、現実の世の中では、新型コロナウィルスが猛威をふるっています。
この物語では、2031年、地球に、大事件が起きます。
科学技術で築き上げた、現代の社会インフラに、大転換が起きる自然災害です。
ネタバレになるから詳しくは書きませんが、そのヒントは「コロナ」です。

物語の終盤、エンジニアとして登場する人物の名前が「榎」です。
それなりに重要な良い役で登場させていただいています、ありがとうございます(^^;)

もちろん、結末はネタバレになるから、何も書けません。
しかし、物語でもヒントとして書かれている「サイハテ」の動画を貼っておきます。


 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 

posted by eno at 17:05| 読書 | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

ステイホームはDVDで映画

ステイホーム中は、映画をたくさん見ました。

面白かったベスト3をご紹介します(その他はスルー)。

最もおすすめは「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」です。



ロシア映画! 戦争映画! 戦車!
いかにもハードルが高そうな、オタク映画っぽいイメージですが、見てみると、全然そんな感じではなくて、アクションあり、恋愛ありの、わかり易いエンターテイメント作品です。

次は「パリに見出されたピアニスト」



フランス映画! パリ! ピアノ!
いかにもおしゃれなイメージですが、その通りです。
実話を基にしたストーリーで、わかり易いし、面白いです。

そしてご存知「蜜蜂と遠雷」



日本映画、原作は、同じ題名の小説。
特に説明する必要は無くて、ピアノ演奏と映像から、しみじみと感じる作品です。
posted by eno at 11:50| 映画 | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

吸血鬼ドラキュラとは何か?

吸血鬼(vampire)の伝説は古代から数多くあります。
たとえば、中国には死体が生き返る「キョンシー」という妖怪がいます。
ロシアには、美男や美女に変身できる吸血コウモリ「ウプイリ」がいます。

ドラキュラは、1897年に書かれた怪奇小説ですが、その時代のイギリスや、発想のもとになったとされる、東欧に伝わるドラキュラの伝説の起源に何があったのでしょうか?

ドラキュラ.jpg

中世のヨーロッパでは、ペストが大流行しました。
ペストは、鼠がその原因を運んでくるらしいことがわかっていました。
しかし、現代のように、病原菌やウィルスの存在が知られる以前には、それらは悪魔の呪いか何かのように感じられていたでしょう。
その後に流行したマラリアも、蚊に血を吸われた人が病気になるらしいことがわかっていました。しかし、血を吸われることで何故病気になるのか? 当時はその理由はまだわかっていませんでした。
狂犬病は、犬に噛まれると発症することがわかっていたので、狼男の伝説は「狂犬病」を暗示していたのだろうと考えられています。この狼男は銀の銃弾で殺すことが出来ます。銀が病原菌を殺す、という考え方は、現代では殺菌・抗菌作用として知られていることです。

吸血鬼ドラキュラの場合も、病原体を特定することはできませんが、何らかの伝染病を暗示していると考えられます。

先ず、病原体の発生源はドラキュラ伯爵です。ドラキュラ伯爵は、既に死んでいて、その遺体は棺の中に横たわっています。つまり、何らかの病気で死んだ死体が、病原体の発生源(スプレッダー)です。死体が生き返って吸血鬼になるという伝説は、古くから存在しています。それは、伝染病で大量の死者が発生した際に、まだ死んでいない重体患者も棺に入れて隔離してしまったらしい、という伝承がもとになっています。

吸血鬼ドラキュラは、コウモリに変身することが出来ます。
つまり、病原体の発生源は、コウモリとの関係が深いということがわかります。
コウモリは、日中の太陽光の紫外線が存在する空間を避けて、暗い洞窟内などの密閉空間に、密集して姿を隠しています。そして、夜になると、外に出かけて行きます。吸血鬼は、美男美女の姿に変身して、夜間営業の接待を伴う飲食店で濃厚接触をします。それらの濃厚接触が、吸血に比喩されていると考えられます。濃厚接触された相手は、感染しても症状が発症せず、普通に生活しています。そして、夜の街に出かけて行っては、また別の誰かに濃厚接触して、感染を広めます。

吸血鬼を遠ざける方法が、ニンニクを吊るしておくことです。
ニンニクには、殺菌・抗菌作用があると共に、ニンニク料理を食べることで、一つには免疫力をアップすることと、もう一つは息が臭くなって、人との濃厚接触を避けるようになります。

そして、吸血鬼は直射日光を浴びると死んでしまいます。
日光に含まれる紫外線には、殺菌消毒の効果があります。

これらのことから想像すると、現在大流行しているCOVID-19にも共通する部分が多いように感じられます。
posted by eno at 14:04| 思った事 | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

POV検証

ちょうど一か月前に投稿した記事(POV)を、書きっ放しではなく、検証したいと思います。
http://enologue.seesaa.net/article/474213570.html

>『PCR検査ですが、言い争っている人々がいるようですが、とてもバカバカしい論争です。私は、PCR検査をしたいか? と訊かれたら、軽症くらいまでなら、したってしなくたって同じなんだから、しません。それが答えとしか言いようがないです。どうするべきか、なんて誰にもわかりません。』

統計学的なデータが欲しい、という意味で、検査のサンプル数が欲しいのは確かなことですが、PCR検査をすると治るのか? といえば、治るわけではありません。原則的にその状況は変わりませんが、しかし、治療薬としてアビガンが有効だという結果が出ているようなので、状況は少し変わってきたのかも知れません。アビガンは、まだ軽症のうちに使ったほうが、より治療効果が高いのだそうですが・・・
それと、統計学的な調査結果で知りたいのが、感染していて無症状の割合です。致死率と、軽症か無症状で免疫を獲得する比率がわかれば、どの程度の毒性なのかがわかります。
ウィルスは、爆発的なオーバーシュートをすると、感染力は弱くても毒性が高く変異する確率が高まり、その反対に、長期間で緩やかに感染拡大していくと、感染力が強くても毒性が低く変異する確率が高まります。その様子がわかれば、集団免疫を狙った政策に方針転換するタイミングを判断できます。

>『経済対策ですが、今は我慢する時なので、脱落者が出ないように、弱者を優先に可及的速やかに救済策を実施しなければなりません。つまり、お金が無い人は、生活に必要なお金が支払えないのですから、その支払いをしなくて済むような対策です。』

先ず、迅速を最優先に、困窮者を対象として、生活支援策を実施しなければなりません。
しかし、それを一切やろうとしませんでしたね。
自宅に引き籠って自粛生活をして欲しいと要請しているのですから、自宅に居ると得になり、外出すると損になるような、自宅生活の経済支援をするべきだと、私は最初から繰り返し提案してきましたが、それを実施する自治体はなかなか現れませんでした。自宅生活で使用する電気・ガス・水道・固定電話などの公共料金の支払いを免除する政策や、公的な保険や租税の支払いを猶予するとか、すぐにできることはあるはずです。

先ず困窮者に現金を支給するという案は、考え方としては正しいです。しかし、困窮者と、それほど困っていない人を、どのような基準で分けて、どのような方法で支給するか? となると、現実問題として、それをやっている時間と労力が莫大になり、迅速に実施することが難しいです。ですから、最初から、一世帯30万円支給案は、非現実的な不可能案だったわけで、官僚はそれを知っていてわざと提案し(失策になれば倒閣)、それを政府もわかっていてわざと閣議決定してみせて、後で変更する筋書きだったと思います(変更はできますから)。それでも、国民に、無理に働けば損、営業自粛して収入を減らしたほうが得、と思い込ませ、騙し技効果があったと思います。

その代わりに、実際にやったのが、笑っちゃいけませんが、布マスク二枚を一律給付です。
事前に案を公表して反対意見を聞くことなく、サプライズで実行しましたね、強行する場合はそうします。

>『感染拡大もピークを越えて収束期に入るのが、5月になるのか、もっと先になるのかわかりませんが、その頃からは、我慢から消費に転じる対策を打てるように、準備を進めなければなりません。』

国民一人に10万円支給案は、早い時期から、安倍総理ご本人も、現金一律支給を考えていると口にしていたそうです。しかし「同じ失敗は繰り返さない!」と猛反対していた副総理を、どのように上手いこと納得させるか? というところで、公明党と一幕を演じてみせる必要があったのだと思います。

いずれにせよ、5月末ころ、経済活動の自粛要請は一部を緩和して再開する必要があります。そのころに感染拡大はピークを過ぎて、収束傾向に入ると読んで、景気刺激策を打つ! その筋書き通りに進めているように見えます。
ただし、ワクチンが出来るまでは、世界的にこのCOVID-19禍は収束しません。オリンピックがどうなるのか、実はもう既に方針は決定していて、しかし、公表するためには、また一幕を演じなければならないのかも知れません。緊急事態宣言も同様で、既に決まっていたのに、一幕演じるのに手古摺って、一週間遅れてしまった、という感じゃありませんか?
 
【追記】続きを読む
posted by eno at 17:23| 思った事 | 更新情報をチェックする

POV 緊急事態宣言解除

緊急事態宣言は、いつ解除されるのでしょうか?
安倍総理が、5月6日までと言っていましたが、それは、そこまでは解除しないという宣言であって、その期日になったら、また延長していくという意味です。
では、いつまで延長されるのでしょうか?
それは、専門家会議の意見とか、様々な要因を総合的に判断して決めることなので、どうなるのかわかりません。

緊急事態宣言を発令する直前までは、ギリギリ持ちこたえていると表現していました。ですから、その時点での状態まで戻ることが、一つの条件になります。
おそらく、東京都の一日の感染者数が、100人を超えるか超えないか、それが「ぎりぎり」と表現した判断基準だったであろうと考えられます。ですから、第一の条件として、東京都の一日の感染者数が、100人を下まわること。それが続いて、減少傾向を示すことです。そして、第二の条件は、一日の新たな入院者数と、退院者数が逆転して、病床数に余裕が増えていくことです。これら二つの条件が、数字的に見える条件です。
そして、第三の条件が難しいのですが、緊急事態宣言を解除しても、再び感染者が増加に転じない対策です。
ワクチンも治療薬も、まだ未完成です。効果のある薬がいくつか見つかってはいますが、まだまだ不十分です。
だったら何を根拠に、再流行しないと言えるのか?
それは、人口の6割が免疫抗体を持つ「集団免疫」の獲得です。医療崩壊を避けながらそれを実現させるには、どれくらいの期間がかかるのか? 少なくとも、医療崩壊をさせない範囲内では、感染者を増やしていかなければ、集団免疫は獲得できません。だから逆に、徹底的に検査をして、徹底的に隔離をして、感染を押さえ込んでしまったら、いつまでたっても集団免疫は獲得できません。ワクチンが完成し、普及するまでの時間稼ぎにしかなりません。

【追記】 
おそらく、更なる自粛要請と、経済活動の一部再開という、矛盾した政策をとるでしょう。そうするしかないし、それにつては、表向きは正直な説明ができないと思います。
 
【追記】続きを読む
posted by eno at 09:35| 思った事 | 更新情報をチェックする